セレッソ勉強法コラム

横浜市立大に合格したNくんがどんな教材をつかってどのくらいの時間、どんなふうに勉強してきたかについて書いてもらえました。高校1年から受験期まで書かれているので、1年生の人も参考になるかと思います。どうぞお読みになってください。↓↓↓↓↓↓

はじめに

僕は高校1年生の時に、当時の担任の先生に感化されて受験勉強を始め、高校3年生の時に横浜市立大学国際教養学部を第一志望にし、この春無事に合格しました。今回は、受験期の勉強方法をご紹介いたします。参考までにご覧ください。

横浜市立大学 国際教養学部に合格までの成績推移

 

 

チャレンジセンター(高1)(点)

チャレンジセンター(高2)(点)

英語

124

178

国語

73

125

数学Ⅰ・A

52

54

数学Ⅱ・B

30

 

 

高3・7月の河合塾マーク模試(点)

センター試験本番(点)

英語

171

184

国語

109

149

世界史B

88

97

現代社会

64

85

数学Ⅰ・A

55

78

数学Ⅱ・B

48

67

生物基礎

27

41

地学基礎

32

37

 

 

平日

休日

高1での勉強時間

3h

5h

高2での勉強時間

5h

7h

高3での勉強時間

7h

11h

 

横浜市立大学 国際教養学部 合格までの各科目の使用教材

  • 英語  
  • 英単語
    • (高1・4月~高1・9月)・・・パス単英検2級(旺文社)
    • (高1・10月~高1・3月)・・・ターゲット1900(旺文社)
    • (高2・4月~高2・9月)・・・パス単英検準1級(旺文社)
    • (高2・10月~高3・5月)・・・②と③を総復習
    • (高3・6月~高3・8月)・・・ユメタン3(アルク)
    • (高3・9月~最後)・・・②、③、⑤を総復習

 

同じ100語を毎日繰り返して、1週間で覚えることを繰り返しました。

・学習を進めていく中で、知らない単語、熟語、英語表現などが出たら、その都度自作のプリントに書き込んでいました。

 

 

 

 

  •  英文法
    • (高1・10月~高1・12月)・・・英頻・即戦ゼミ11(桐原書店)
    • (高1・1月~高1・3月)・・・英頻・即戦ゼミ8(桐原書店)
    • (高2・4月~高2・6月)・・・英頻・即戦ゼミ3(桐原書店)
    • (高2・7月~高2・9月)・・・POWER STAGE(桐原書店)
    • (高2・10月~高2・3月)・・・頻出英文法・語法問題1000(桐原書店)
    • (高3・4月~最後)・・・学校の授業と過去問演習

 

同じ100問を1週間で演習しました(英単語と同じやり方)。ただ、①を終えた時点で基礎力はついたので、②以降は比較的スムーズに学習できました(1週間に200問)。

・とりあえず最後まで1冊やりきる→2,3週間でその1冊を総復習して、精度を上げる→完璧になったら次の1冊へ…というかんじです。

答えを丸暗記してしまうくらいまでやり込みました。

・巻末にある発音・アクセント問題や、語彙の問題はやりませんでした。

 

   (c)英語長文

     (ⅰ)読解用(高1・8月~高3・5月)・・・やっておきたい英語長文300→やっておきたい英語長文500→やっておきたい英語長文700(河合塾)

       ・英検が近いときは、英検の長文を優先しました。

     (ⅱ)和訳練習用(高2・9月~高3・5月)・・・入門英文解釈の技術70→基礎英文解釈の技術100→英文解釈の技術100(桐原書店)

       ・英文解釈シリーズは、短い英文が問題になっているので、ノートを作って

        その英文を和訳していました(1日1問)。

    ※(ⅰ)と(ⅱ)は、週に3,4回程のペースでした。

 

(高3・6月~最後)・・・過去問演習を毎日(1日長文1個。直前期は1日に2,3個)。

 

   (d)リスニング

・学校の授業(高3)、英検対策、直前期のセンター対策のみ。              

      ・歯磨きの最中に、スマホのYouTubeなどから、英語を聴いて耳を慣らして

       いました(BBC Newsなど)。

 

 

  • 国語
    • 現代文

・高2の6月から、セレッソにて笠原先生ご指導のもと、週に1回の問題演習

・学校の授業での問題演習

・直前期の過去問演習

頻出現代文重要語(桐原書店)(高1・9月~最後)

入試漢字マスター1800+(河合塾)

 

“問題を解く<文章を理解する”がポイントです。

 

  • 古文

・古典単語

(高1)・・・さくらさく古文単語(浜島書店)

  (高2)・・・古文単語ゴロゴ(スタディカンパニー)

  (高3)・・・以上2冊を総復習

 

    ・古典文法と読解は、学校の授業が中心でした。(直前期は過去問演習で読解をメインにやりました)。

 

  • 漢文

・句形と句法は、学校の授業で習ったものを、単語カードを作って確実に覚えまし

 た。

・読解は学校の授業が中心でした(直前期は過去問演習で読解をメインにやりまし

 た)。

 

  • 社会
  • 世界史B

・学校の授業が中心でした。授業のペースが速かったので、ため込まずにコツ

 コツ覚えたのがポイントでした。

人名や出来事を、年代とセットで覚えるのが◎です。

・直前期には過去問演習をメインにやりました。

 

(2)現代社会

実践!ノート型問題集ステップアップ現代社会(第一学習社)を使用しました。

    ①(高3・4月~高3・7月)・・・知識を増やした。この間は問題を解かない。

    ②(高3・8月)・・・問題集の問題を解いた。

    ③(高3・9月~最後)・・・センター演習。

 

    ・問題演習は、1日に大問1個を解きました。

    ・スキマ時間毎日やるのが◎です(15分程度)。

 

4.数学

  ・高2までは、学校の授業が中心でした。ただし、模試の直前は、過去に受けた模試を

   復習しました(模試は良問の塊なので、素早くポイントをおさえるのに最適でした)。

  ・高3では、学校の授業で演習を繰り返しつつ、授業がない日にはセンター演習を行い

   ました(1日に大問1個 特にⅡB中心)。

 

  ・数学では、答えを導き出すまでの解き方に、ある程度のパターンがあるのがほとんど

   なので、問題を多く解いて、解き方のパターンを知ることが大事だと思います。

 

5.理科

  ①生物基礎

   ・センター試験対策チェック&演習(数研出版)を使用しました。

    (高3・4月~高3・7月)・・・知識を増やした。この間、問題は解かない。

    (高3・8月)・・・問題集の問題を解いた。

    (高3・9月~最後)・・・センター演習。

 

②地学基礎

 ビーライン地学基礎(第一学習社)を使用しました。

  (高3・4月~高3・7月)・・・知識を増やした。この間、問題は解かない。

  (高3・8月)・・・問題集の問題を解いた。

  (高3・9月~最後)センター演習。

 

・生物基礎,地学基礎ともに、問題演習は1日大問1個を行いました。

スキマ時間毎日やるのが◎です(それぞれ15分程度)。

 

横浜市立大学 国際教養学部 合格までのまとめ アドバイス

 最後に

部活をやっている人は、最後まで部活をやり切ることをお勧めします。大会等が近いときは部活を優先し、そうでないときは勉強を優先するなど、メリハリをつけると良いでしょう。どんな上位校でも部活は高3の6月頃まで続きます。また、部活で学んだことを勉強で生かす時もたまにあります。勉強と部活は二律背反ではないということです。

 

他人がやっている参考書を、無理して自分もやるのは、自分のペースが乱れるだけでNGです。(実際、僕の友達は、勉強方法も参考書も十人十色でした)。でも、良いと思ったらもちろん真似してみるべきです。

 

模試の見直しは必ずやるべきです。“模試”は、大学入試を何十年にもわたって研究している予備校が、受験生に提供しているものです。受験生がおさえておくべきポイントがぎっしり詰まっているので、模試を受けた後は時間を確保して必ず見直すようにしましょう。

 

勉強以外にも意識するべきことがあります。体調管理入試に関する情報収集メンタル維持、です。僕はこの3つを“隠れた入試科目”と呼んでいました。盲目的に勉強する人がいますが、入試本番前に体調を崩したり、「英検を持っていれば英語は免除だったのに~~~」などと焦ってしまったりしては、本末転倒です。入試本番で自分の実力を最大限に発揮するためにも、心と体のケア、志望校の入試制度にも意識を向けるように心がけましょう。