テスト前の人も多いので、テスト勉強にも関連することを。
皆さんテスト勉強頑張ってますか?
仕上がり具合はどんな感じでしょうか。

何割程度の仕上がり具合なのかによってテストの点や受験の結果は
大きく変わってきますね。
やはり出来るなら完璧に仕上げるのが大切です。

「完璧」というのは文字通り「完璧」ということです。

いきなりテストされても100点満点取れるのが「完璧」です。
インフルエンザで39度の熱があっても即答できるのが「完璧」です。

皆さん九九はどうですか?

九九は完璧ですよね。

いきなり「九九のテストだ。九九を唱えなさい」と言われたら言えますよね?
それが完璧です。
「インフルエンザになっちゃって熱があったから、3×3=8って答えちゃったわー」
っていう人いますか?いないですよね。

完璧というのはそういうことです。
日々の勉強で80%くらいの完成度で満足してしまう受験生は結構いますが
80%ではダメです。

大学受験生には「いつの時点でその単語帳完璧にするの?」とよく聞くことがあります。
「8月末? 9月末? 10月末? その単語帳早く終わらせて2冊目に入らないと戦えないよ?」
と伝えます。
1冊1冊教材をつぶして次のレベルの教材に向かうには
今、目の前にある1冊を完璧に仕上げないといけません。
受験は勝負事だからです。勝負事では準備の甘い人は勝てません。
定期テストも小さいですが勝負事ですね。

「教材を完璧に出来る」というのは「その教材はもう全ての問題を瞬時に解けるから捨てても大丈夫」
ということです。九九の表を今でも持ち歩いている人いませんよね?

九九を瞬時に暗唱できるように、今学んでいることを完璧に仕上げてくださいね。