英語や国語で分からない単語、言葉が出てきたとき
しっかり調べて、メモとして残しているでしょうか。

意味を調べたり、先生から教わって「分かった」となるのはいいですが
そのままにして結局時間が経ったときに忘れてしまう人をよく見かけます。

そこで、教室では語彙ノートを作ることをオススメしています。
こんなふうに(こちらは中3生が作った語彙ノート)

キレイに凝ったものにする必要はありません。
こんなふうにB5 A4用紙に縦に線を引いてダダダーッと羅列するだけです。

1枚の紙にできるだけたくさんメモしてもいいでしょう。
こういうのを作るだけでも「勉強してる感」を感じることができます。

「勉強してる感」は結構大切です。
そして暇なとき、電車・バスの中など移動時間に眺めます。
実力テスト直前や模試直前、受験直前にも眺めて覚えます。

こういったノートも何度も眺めているとボロボロになりますが
受験会場へこれを持っていくと「これだけ頑張ったんだ。」という自信にもなります。
小さなことをコツコツ積み重ねることが学力アップのポイントです。