北鎌倉女子学園中学 高校の塾関係者用説明会が
行なわれたので行ってまいりました。

北鎌倉駅から徒歩7分。
キツめの上り坂を歩いた先に見えてくる校舎ですが
校舎の中は工事中のところがチラホラ。
現在、校内を改築中だそうです。

北鎌倉女子はただ今、「ジエシカ」を合言葉に
変革の真っただ中です。

ジ 自主性の尊重 受験に強い授業
エ 英語教育の抜本的強化
シ 施設 備品に一新
カ 鎌倉に密着した体験学習

・・ということですが、確かに何か変わりそうな
開放的な空気が至る所で感じられました。

北鎌倉女子行って話を聴いてみたら
こんなところが面白かったという押しポイント

1 自主性の尊重 という方針の下
  これまで禁じていたアルバイトを許可制とした。
  それによりアルバイトを始めた学生さんのエピソード
  ちょっとしたことですが、溢れる若さで省庁を動かすような
  行動力を見せてくれた、というお話でした。
  

2 施設 備品の一新

  ・一人に1台 アイパッド(こういうのは既にされている学校もありますが)
  ・コンピューター室には何故かペッパーくん。プログラミングの授業で、自分たちの作った
   プログラムでペッパーくんを動かす、という授業をしているそうです。
  ・制服が変わる。何故かデザイナーはCMでもおなじみのコシノジュンコ
  ・全館wifi化
  ・またオープンカフェっぽい空間が随分増えるようです。エントランスも大きく変わるとのこと
   完成予想図はかなりオシャレな感じがしました。
  ・保護者には各家庭にグーグルアカウントを用意。それでデータをやりとりしたりするそうです。
   

  

3 英語教育の抜本的強化

  ・外国人教員を4人。常勤で。
   外国人の先生による授業を実際教室の中で見学しました。
 
   外国人先生1人×日本人先生1人のチームティーチングの授業
   外国人の先生2人によるチームティーチングの授業

   などが行われていましたが
   学生さんたちはみんな楽しそうに授業受けていました。
   「a teacher who has muscle  ※□〇・・ but プニプニ」と話す外国人先生。
   ←これは誰のことだ?という質問を学生さんに投げかけていましたが、
   答えはその先生ご本人のこと。
   
   その外国人先生は確かにマッチョで、見た目プニプニ感も感じられる先生でしたね(笑)
   そんなユーモアあふれる楽しそうな授業でした。

  ・イングリッシュルーム設置
  「放課後に自由に通える英会話スクールがある」という感じです。
  中1~高3までみんなで英語でゲームをしたり、勉強したり・・と英語の活用を目的とした
  教室があるとのことでした。こちらも外国人講師の方がいると。

4 学生の授業の様子が楽しそう!
  高3生の授業では早稲田大教育学部の古典過去問をグループで解く授業
  先述した外国人教員による英語授業
  電子黒板を用いた生物・漢文・数学の授業・・などを見学させていただきましたが
  どの授業も先生と生徒の距離が近そうなオープンな関係性 暖かさが感じられました。
  

  教室のイスはかなり年季の入った感じのイスでしたが、全て一新されるそうです。
  校舎内は昔ながらの校舎の雰囲気と現代的な電子黒板が混在したような
  まさに変革の只中にある雰囲気が感じられました。

5 中学入試は一風変わった面白い試験方式がある!

  ・4科総合入試 60分の試験で算国理社の全てをみるという試験方式
  ・日本語4技能試験
   英語4技能はよく聞きますが、日本語で「聴く力」「読む力」「書く力」「話す力」
   を問う日本語4技能の試験。好評のようです。
   面白いですね。こんな試験方式を導入しているところも、何か新しい風を
   感じさせてくれます。

・・・などなど。
いろいろある中で特に気になったポイントを記しました。

全体から受ける印象は
「明るく暖かみのあるオープンさ」です。
学校説明会に行くと授業見学することはあっても、教室の外からのぞくだけで終わる場合が多いのですが
北鎌倉女子は塾の先生がみんなゾロゾロと教室の中まで入って、見学させてもらえるのですね。
実際に授業している教室の中まで入れてもらえる学校は初めてでした。
「どうぞ教室の中まで見てください。ウチの学校いいでしょ。」とアピールされている感じですね。

そんなオープンな北鎌倉女子中学 高校でした。