【国語がとても苦手だという小学生・中学受験生の方に】

お子様を見ていて「せっかく読んだ文の内容を忘れてしまったの?」

ということはないでしょうか。

文を読んではみたものの印象に残っていない、あまり理解もできていないというケースです。

 

そんな場合はお子様にどんな文章内容だったか聞いてみてください。
ちょっとしたコツがあります。

 

それは

「問題文を20行から25行ずつくらい子どもに読ませて、クイズっぽく、その都度内容を聞くこと」です。

例えば

・登場人物誰と誰が出てきたかな?
・この「太郎くん」ってどんな性格の子?性格良さそう?
・あれ?この話っていま昼だっけ?夜だっけ?
・今この2人はどこで話してるの?
・この「ふに落ちない顔」ってどういう意味?→お母さんと一緒に調べてみよう
・このセリフしゃべってるの誰かな?
・このお家ってマンションぽいかな?それとも一軒家かな? →なんでマンションだと思う?

・・・などなどお母さんも是非問題文を20行ずつくらい読んでもらって
なんでも良いので上記のように問いかけをして、お子様に答えてもらってください。

20から25行と短いですが、それで大丈夫です。
短い方が子どもの集中力が切れないからです。

これをするだけで文内容がかなり子どもの頭に残ります。
また文内容への理解が深まります。

是非楽しくクイズっぽく問いかけてあげてください。