難語2000ではなく難語600

語彙を増やすためのオススメ参考書(上級編)はこちら。

国語に対して抵抗感のない小5 やる気のある小6生にオススメなのは

中学受験必須難語600です。

 

難語2000は多過ぎる 難語600は多過ぎず少な過ぎない

同じシリーズで「ちょっと難しい1000のことば」「中学受験必須難語2000」などが
ありますが

こちらをオススメする理由は

①コンパクトで車や電車の中などでも読めるから

②語彙数が少ないから(繰り返しができるから)

です。

結局繰り返さなければ忘れてしまうんですね。

 

マンガなどは一切なく、英単語帳のように語彙が羅列されています。

覚えるときのポイント

①記載されている意味を一字一句正確に覚えない

②正確に覚えようとするのではなく、例文を見て意味を自分で予測しながら覚えると良い

 

言葉の意味を予測させるように心がけて、お母さんとクイズ感覚でチェックするといいと思います。

分からない言葉の意味を推測できる力も読解力ですので。

中学受験 難語600など語彙の覚え方は「1日10個の例文を作る」

「しのぎをけずる」なら例えば

塾でのクラストップを狙って
太郎くんと花子ちゃんがしのぎを削っている。

・・など。

1日10個ペースでノートに例文を作れば
60日 2か月で終わります。

1周では心配なので
2周、3周とすればいいですね。
2周目、3周目はノートにも
書かずにお母さん、お父さんが口頭で出題すればいいと思います。

子どもだけに任せていると変な例文になるときがあるので
チェックしてあげてください。