現在、特に高校生を中心に速読で
「古典の現代語訳版を読む」にチャレンジしています。

古典においては古典常識など背景知識を知ることや
特に源氏物語では非常に多いキャラクターの人物関係を知っておくと
試験で出てきたときにも
内容がスッと頭に入ってきやすいものです。

また単純に古典文学は結構面白いので
現代語訳で先に読んでしまうことで
古典の面白さを感じることができます。

筆者のオススメは紫式部日記です。

源氏物語の作者 紫式部が紫式部日記の中で清少納言の悪口を書いていたり・・など
紫式部を血の通った人間として感じることができて
かなり古典への興味、取り組みやすさが変わってきますね。

源氏物語を読んだ多くの子は男子でも
「面白いですね」と結構ハマっている様子。

そんなわけで沢山読んでもらおうと目論んでおります。