私たちの塾は個別指導の塾です。

塾ですので成績アップのために尽力するのは当然のことなのですが
塾というのは「レベルの高い進学先に合格させてなんぼ!」だけでもないと思っています。

成績が上がって志望校に合格しても、本人の性格と校風があっていなければ
3年間通う本人にとってはツライ3年間になります。

成績が上がって志望校に合格しても、通学に時間をとられて部活もたいへん
勉強時間もあまりとれない・・となると本人にとってはしんどい3年間になります。

受験校 受験の選択肢はさまざまです。

子どもたちの将来に関わる重要な仕事を任せてもらっていますので
一人一人に子どもたちにとってより良い選択肢を提供できたらと考えています。

例えば
「性格がかなりおっとりしていて、勉強も苦手。勉強をバリバリやるには向いていない」女の子の場合

「この子はおっとりしているので受験は合わない。
 いわゆる賢い子の行く進学校でなくても、内申点でそこそこの私立高校に行ければOK」
「女子大などに行って、管理栄養士などの資格をとってくれたら、それが本人に一番合うと思う」

というご家庭のお考えもあるでしょうし

同じく「性格がおっとりしている子。勉強が得意だが、本人は上を目指す野心はない」子どもの場合

「合格でも不合格でもどちらでも良い。ただおっとりした子なので
 内申点で私立高に行くのではなく、受験を通して思いっきり勉強する経験をさせたい。
 またバリバリ勉強だけする進学校ではなく、部活と勉強を両立できる高校に通わせてあげたい」

という考えのご家庭もあると思います。

そのようにご本人の性格やご家庭で考える「この子にはどんな学校が合っているか」
「どんな経験をさせてあげたいか」によって志望校選びも変わってきます。

塾ですのでもちろん成績が上がるよう最大限の努力はしますが
私たちの塾は個別指導ですので、進学実績を上げることだけが
一番大切なことだとは考えておりません。

一番はその子にとってベストの経験をさせてあげることだと思っています。

 

是非お子さんのこと、ご家庭の教育方針を教えてください。
どうぞよろしくお願いします。