高校生で英文法が苦手な生徒さんは

「和訳が雑」

です。

 

勘で和訳しているのですが

和訳が出来ないので当然解けません。

これは

中学英文法で学ぶ

現在進行形 am /is /are +~ing= ~している

過去進行形 was /were+~ing =~していた

主語は「~は」「~が」と訳す

英語の文は基本的に「主語+動詞」で始まる

I =「私は 私が」 と訳す

me=「私を 私に」 と訳す

動名詞=~ing =「~すること」

 

などの基本公式があいまいなためです。

たとえば

動名詞=~ing =「~すること」

を中学時代にしっかり押さえていないと

not ~ing=~しないこと

having+過去分詞=~したこと

being+過去分詞 =~されたこと

を高校で学んだときに頭の中で知識がつながりません。
基礎知識があるからこそ、発展的な知識がつながりをもって理解できます。

基本は大切ですよ。基本はめちゃくちゃ大切です。
基本が出来ていればあとがです。

こういう表現はあまりしたくないのですが、基本を雑に扱うとあとで地獄を見ます。

やってもやっても身に付かない地獄です。

一度ココに落ちるとなかなか大変です。

「上へはい上がろう!」と発展的な問題を解いても解けません。

「上へはい上がろう!」と発展的な知識を身につけようとしても身に付きません。

 

・・・。

どうしましょう。

1つだけ方法があります。

一度地獄の底(基本の基本)まで落ちて、そこから一つ一つはい上がることです。

これには時間もかかりますが、地獄の底を見ずしてはい上がることは出来ません。

「そんな基本やってられるか」「オレはもっと難しいのがやりたいんだ」

そう思うかもしれませんが、「急がば回れ」です。

 

是非、基本を大切に丁寧に扱ってくださいね。