【部活と勉強の両立法】

ブログ

部活を高3引退まで

頑張りながら横浜市立大に合格した

中尾先生に
「部活と勉強の両立法」について
書いてもらいました。

とても参考になるので
是非どうぞ

※※※※※※※※※※※※

毎日朝の5時に起床して、夜の11時に寝る
ということを徹底していました。

生活リズムを崩さないためです。

朝は眠いので、自分が得意な科目を
好きな音楽を聴きながら解いていました。

〇時~△時は部活だから、それ以外でどれくらい勉強できるか
ということも意識していました。

また、1週間や1ヶ月の部活の量も意識していました。

「今週は部活がこれくらいあるけど
世界史の復習は絶対にやって授業について
いけるようにしよう。
生物基礎と地学基礎、現社は知識だから
毎日すき間時間にやろう。

古文と現代文はやる時間がないかもだけど
他の科目の方が大事だし
学校やセレッソの授業でもやるし
まあ出来たらでいいか。」

という感じです。

また、授業との兼ね合いも大事です。

例えば

学校の英語の授業で英語の長文を
やった日は、その日の自分の学習では
英語の長文はもうやらずに
代わりに数学の時間にあてる

などです。

また、スキマ時間は貴重な勉強時間でした。

電車の中での単語帳は絶対に欠かさなかったですし
休み時間にも生物基礎や地学基礎
現代社会など、ぱっとできるようなものを
学習していました。

スキマ時間に学習をして部活との両立をしていました。

部活が終わった後は、部室でダラダラしてしまう子や
駄菓子屋に寄り道する子もいましたが
僕は部活後はすぐに帰るようにして
学校の最寄り駅に付いたら
すぐに単語帳を開くようにしていました。

部活の時は部活に集中する
それが終わったらすぐに勉強に切り替える。
切り替えはすごく大事です。

部活中に空き時間を見つけて
勉強する子もいましたが
僕は部活中に勉強をするということは一切やらなかったです。

勉強に集中できないと思ったのと
部活は後悔することなく最後まで努力して
終えたいと思ったからです。

実際後悔することはなく
無事に引退することができました。

センター試験が始まる直前に
色々思うことがあったのですが
ふと部活のことを思い出し

「あの時本当に頑張っていたよなぁ」
と力になったことは、今でも覚えています。

・・・受験勉強を理由に部活を途中でやめてしまう人も
なかに入るかと思います。

部活を止めて時間ができても
その増えた時間をだらだらタイムに
費やしてしまう人も多いかもしれません。

「まぁ、まだ部活止めたばっかりだし
慣れてから勉強時間を増やそう」

と思っていると、あっという間に夏休みになってしまう
ということも考えられますし

何よりも「やっぱり最後まで続けておけばよかった・・・」
と夏休みや秋冬頃に思ってしまうかもしれません。

部活と勉強は両立できなくはないです。

 

当教室の授業をのぞいてみませんか?

緑園都市・弥生台の個別指導塾セレッソ

もし、これをご覧のお父さん・お母さんが、気軽に質問できる雰囲気の塾(先生)をお探しで、そのうえお子さま合わせた指導で成績アップ・学習習慣のステップアップ・志望校合格をさせてあげたいとお考えなら、一度お子さまに「セレッソの無料体験授業に行ってみない?」と声をかけてあげていただけないでしょうか?

ブログ
【横浜市泉区 緑園都市・弥生台の学習塾】私立中高生・中学受験生専門個別指導セレッソ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました