「暗記に時間がかかる」「面倒くさくて暗記はイヤ」

セレッソの生徒にもそんな風に言う子は少なくありません。

 

そこでこちらでオススメしているアイテムはキッチンタイマーです。

たとえば次の写真のように英単語の意味を暗記の場合は

自分で「10個の単語の意味を5分で暗記する!」

と制限時間を決めてしまいます。

そして5分経ったら強制終了。

ホントに暗記できているか自分でチェック! します。

全問正解なら次の10個をまた5分で。

ミスがあれば「ミスしたところだけまた5分で暗記!」

・・・

 

というように

10単語を5分暗記⇒チェック⇒10単語を5分暗記⇒チェック⇒10単語を5分暗記⇒チェック・・・・

 

と5分間隔で繰り返していきます。

すると集中力を途切れさせることなく、ドンドンと暗記が進んでいきます。

50単語まで覚えたら、「10分で50単語暗記をして、一気に50単語チェック!」・・

などしてまとめテストをします。

 

このやり方は英単語以外にも、社会、理科、漢字・・など暗記モノ全般に利用できます。

 

5分でなくても大丈夫です。(5分、7分、10分、15分くらいで区切るのがオススメです)

 コツは

「制限時間を決めて、時間内に集中して覚えるぞ!」

                と決めること。

小学生のお子さんに漢字暗記や漢字練習をさせたいときに

お母さんが一緒にタイマーを使いながらしてもよいですね。

 

試してみてください。