つい2、3日前にある生徒さんのお父さんと面談したのですが

ふと思い出すと先週も別の子のお父さんと面談

また、今週末もこれまた別の子のお父さんと面談予定です。

10年以上塾にいますが
昔は考えられなかったことです。
昔は塾で面談といえばほぼお母さんとでした。

でも最近は時代の流れか
体験授業にもお父さんが来られることが多いですね。

共働きでお母さんがお忙しいということがあるのかもしれません。
昔は連絡は電話で、午後に電話するとほぼ
お母さんにつながっていたのですが
もう今や午後に電話してもつながらないことの方が多いですね。

だから欠席連絡、振替連絡なども
LINEでやりとりすることがほとんどです。

またお父さんも教育に参加するというご家庭が
増えているのでしょうか。

個人的には自分の小中高時代を思い返すと
父は教育には完全ノータッチでした。
時代がずいぶん変わったのかなと思います。

 

勉強に関しては

「お父さんは厳しいけど、お母さんは優しい」
「お母さんは厳しいけど、お父さんは優しい」

など役割分担があり、子どもにとっても逃げ道があると
お子さんもプレッシャーが適度でいいかもしれません。

うちは思い返すと

「母は厳しい。父は子の教育に興味なし」でした。 
昔、予備校をさぼっているのがバレた時は父にこってり
叱られましたが 笑

・・・と特にどうということのない内容でしたが
最近感じる時代の変化についてでした。