お子様には読書の習慣はあるでしょうか。
「うちの子は国語が苦手」「本を読まない」
という声を保護者の皆様からよくうかがいます。
また小学生 中学生 高校生の国語を
指導していますが、ここ10年ほどで読書体験に乏しいお子さんが
年々増えている印象を受けています。

「あれ?こんな簡単な言葉も知らないの?」と
感じることが増えてきました。
特にここ2、3年は現場で見ていて子どもたちの
文章を読む力の低下にかなり危機感を覚えています。


しかし、中学・高校・大学受験では
国語にしろ英語にしろ

「筆者のメッセージを読み取る力」
「長文から必要な情報だけを素早く見抜く力」
「長文を読んでも疲れない集中力」
「登場人物の心理を読み取る力」

・・・など様々な力が求められており
入試問題自体も長文化の傾向にあります。
神奈川県公立校入試では
2014年国語の問題の文字数は
12100字に対し、2015年は15300字と
大幅に増加しました。

また2020年以降の大学入試改革においても
国語の意外の数学でも
会話型の問題など
長い問題文を読む問題が出ると言われており
全科目の土台となる国語力向上の必要性が
声高に叫ばれています。

そのような現状をふまえ、

「読書体験で語彙を増やし国語力を高めてほしい」
「読書体験を増やし、感性、知性を磨いてほしい」

という思いから速読講座を
開講することにいたしました。


「速読を越えた速読」「次世代の速読」と言われる
ブレインブーストというプログラムです。

現在ごく少数の方にモニター生としてひっそりと
速読講座をスタートしたところ

まだ始めて1ヶ月と少しですが
既に1ページ1秒ほどで読み
1冊の本を5、6分で読む子が出てきました。

そしてこのスピードはまだまだ
伸びていく見込みです。
下がセレッソ生のブレインブーストのトレーニングの様子です。


ただ速読はあくまで手段であって
読書量を圧倒的に増やし
国語力の礎を作ることが本来の目的です。
週に1回60分で1冊、5冊、10冊、20冊・・と
たくさん本を読み
「月間で100冊読めるようになる」が目標です。

パソコンと本を使ってゲーム感覚で
速読力をつけるプログラムで
上達速度に個人差はあれど
皆さん速読ができるようになります。

ブレインブーストでは読書スピードの向上に伴い
国語のみならず国語以外の教科の理解力、成績向上
運動能力や記憶力の向上、
「ピアノの暗譜が速くなった」などの
副次的な効果も多数報告されています。

「子どもに読書力をつけさせたい」
「国語力をつけさせたい」
「自信をつけてもらいたい」

という方には特におすすめです。

通塾生全員に必修にしたいぐらいなのですが
時間やスペースの関係上初めは受講生の方も
ご希望の通塾生の方先着数名に
限定させていただきます。
あしからずご了承ください。

順次多くの方に参加いただけるよう体制を整えていきます。

【受講資格】 レギュラー授業の通塾生の方

【月謝】  開講記念価格として1080円(税込)

【開講日時】 調整中のため、詳細は通塾生の皆様にプリントでご案内差し上げます。

※レギュラー授業がない日は同じく、速読講座もございません。
※集団形式の授業のため欠席の場合の振替は行いません。