お願いがあります。

ご両親の目から見るとどの子も「ウチの子はやる気がない」と思えるのかもしれませんが
ここでいう「やる気のない子」は「成績も壊滅的によくない」お子さんの場合の話です。

そんな生徒さんにオススメしているのは

①テスト2週間前からは毎日来る。(日曜特訓にも当然来る)

②テスト直前、テスト中は昼間早く~夜遅くまで自習をする

という2点です。
是非ともよろしくお願いします。

「毎日自習に行け!」は「やる気のない子には響かない」という現実

お母さま方から「毎日、自習に来て勉強させてください」という声をいただくことがありますが
中3、高3などならともかく、特に受験などのイベントもない学年の子の場合
勉強嫌いの子にとっては「そもそも積極的に勉強する理由がない」です。

ですから「自習に来てね」と言っても

 

しぶしぶ来る

結局集中していないから意味がない

勉強は苦痛でしかなくなる

となるので、毎日のように勉強を強制するのはあまり得策とはいえません。

そこで

①テスト2週間前からは毎日来る。

②テスト直前、テスト中は昼間早く~夜遅くまで自習をする

というのを是非ともお願いしたい次第です。

積極的に勉強しようとしない子でも

テスト2週間まえくらいなら「しょうがねえ。やりたくないけどやらないと。」
と重い腰があがる
からです。

直前(テスト前日)に思いっきり演習して、多少ムリヤリでも身に付けさせたい

また②テスト直前、テスト中は昼間早く~夜遅くまで自習をする

も是非ともよろしくお願いします。

 

勉強習慣がない子はツメが甘いです。
基準が低いので、少しやっただけで「オレもう大丈夫~」となってしまうからです。

で、結局フタを開けてみると

ケアレスミス連発

撃沈

というパターンになってしまうので
テスト前日のギリギリの段階で、先生からのチェックを受けて

「本人が出来ていると思っているけど、先生の目から見るとまだ甘いところ」を
ガンガン演習させる。

ということをやりたいのです。
この方法も完璧な指導の仕方ではありませんが
勉強習慣が全然ないレベルの子にとってはミスをかなり減らせて、
点数アップが見込める方法です。
テスト直前なら我々も11時、12時くらいまで付き合います。
(毎日はさすがにムリです 笑)

「まずはムリヤリにでも点数を取らせる」というゴリ押しな感じの指導方法ですが
勉強習慣がないお子さん(特に、中1、中2)にとって必要なのは
「やったら出来た」という経験です。
その経験があって初めてスタート地点に立てると考えています。

是非ともよろしくお願いいたします。